24時間
365日
対応

苫小牧方面への
お問い合わせ
0144-57-4444

Q&A 葬儀委員長は必要なのですか?どのように決めるのでしょうか?

長年、地域で葬儀がある時は町内会が会計など運営の一切を取り仕切り、役員や葬儀委員長を務めるというのが一般的です。現在も一般葬では、町内会を始めとして関わりの深い方に葬儀委員長を勤めていただき、ご会葬いただいた方々へのお礼のご挨拶をいただくことを多くお見受けします。近年は葬儀社が運営の一端を担うようになり、ご家族様からの要望を受け、当社から葬儀委員長や受付・会計係を手配することもございますが、相応の費用が掛かります。受付・会計係のみ手配し、葬儀委員長や葬儀役員を立てない葬儀も行うことが可能です。家族葬では葬儀委員長を立てないことがほとんどです。なお、社葬や団体葬では所属されている組織の方々が役員を務め、しかるべき方が葬儀委員長を務めます。町内会に依頼すれば、今後も暮らしてゆく地域の方々との親交がより深まることになるでしょう。逆に、時代の変化に伴い、町内会や会社組織に葬儀役員を依頼することを「普段のお付合いがほとんどないから」「お手間をとらせてしまうから」と辞退する考え方も少なからず存在します。ご家族の方針を確認した上でご案内してまいります。