Chapter.3この世でたったひとつのセレモニー。

想活
Chapter.3

人生というドラマに、ひとつとして
同じ物語はありません。
花が好きだった人、スポーツに生きた人、旅を愛した人・・・
故人が全うされた人生の物語を祭壇に託し、
ご家族が思い出をわかちあう、
この世でただひとつの
セレモニーをお創りいたします。

愛する人を偲び、こころ癒される
この世でただひとつのセレモニーを。

誰にでも訪れる、死という旅立ちのとき。
愛する人との別れを存分に悲しみ、
その方が生きた軌跡を慈しみご家族や
ゆかりの方々の愛情いっぱいにお見送りする。
それは旅立つ方の人生最後の
大切なセレモニーであると同時に
ご家族にとっても、
悲しみを乗り越えるための心の糧となります。

だからこそ、お仕着せの儀式ではなく
故人のお人柄が偲ばれる
この世でただひとつの葬儀を。
思い出すたびに悲しみが癒され
あたたかな慈しみが満ちていく、
心に残る葬儀を。
それが、さまざまなご家族の節目に寄り添ってきた
私たちの変わらない思いです。