めもりあるグループでは、ご担当させていただきましたお客様からのアンケートにより、問題点や設備につきまして迅速にフィードバックすることで、サービスの向上に努めています。
お忙しい中、また、大切な方を亡くされたお悲しみの中、弊社のアンケートにお応えいただき、スタッフ一同、心より御礼を申し上げます。

「アンケート用紙を見る」ボタンをクリックすると、アンケート用紙が拡大表示されます。

  1. No.14

    平成27年12月

    斎場
    室蘭市民斎場 雲上閣本館
    担当
    藤原悠治

    from めもりあるグループ

    この度はアンケートのご協力ありがとうございました。私達のことを真剣に思ってくれていることが伝わって来るアンケートの内容で大変嬉しく思っています。次に何かしらのご縁で、お会いした時に以前より成長したなと思っていただけるように日々精進してまいります。これから少しでも悲しみが癒されるように願っております。
  2. No.13

    平成27年12月

    斎場
    室蘭市民斎場 雲上閣本館
    担当
    伊達昌哉

    from めもりあるグループ

    お忙しい中アンケートにご協力いただき誠にありがとうございます。お客様からのご意見は今後の私の成長につながります。ご遺族となられた方の気持ちを考えていきたいと思います。心よりお悔やみ申し上げます。
  3. No.12

    平成26年8月

    斎場
    メモリアルハウス 風花庵
    担当
    池田拓広

    from めもりあるグループ

    この度は大切なご家族様のご葬儀を弊社に御用命頂きまして、誠にありがとうございました。また、葬儀後でお疲れのところ、アンケートにご協力頂き厚くお礼申し上げます。お悲しみの中、身に余る暖かいお言葉を頂き心から感謝申し上げます。葬儀という短い時間の中で、私たちができることは多くないと思いますが、ご家族様、ご親戚様にとって故人様と過ごす最後の時間を、最大限悔いのないよう過ごして頂けるようにサポートできればと日々考えております。しかしこの度は仕出し屋との連携不足で故人様の「食事は豪華に」という思いを満足のいく形にできず心より深くお詫び申し上げます。今後は各部門、提携業者との連携を強化し、より良いホスピタリティーをご提供できるよう努めて参ります。最近は暑い日々が続いておりますのでお体にはご自愛下さいませ。この度は大切なご葬儀をお任せ頂き誠にありがとうございました。
  4. No.11

    平成26年8月

    斎場
    美原メモリアルホール 苫小牧市民斎場
    担当
    鶴見洋介

    from めもりあるグループ

    この度は弊社アンケートにご回答頂き誠にありがとうございました。お母様を亡くされ深いお悲しみの中にありながらも弊社のサービスにご満足頂いたことを葬儀担当者として大変に嬉しく感じております。「すべてにおいて満足」というお言葉は大きな励みとなります。別れは辛く悲しいものでありますが、この度のご葬儀が良い思い出としてご家族皆様の心に残れば幸甚であります。この度の貴重なご意見を今後の私共のサービスに生かして参ります。お悲しみが一日でも早く癒されることを心よりお祈り申し上げます。
  5. No.10

    平成26年7月

    斎場
    美原メモリアルホール 苫小牧市民斎場
    担当
    伊藤敏宏

    from めもりあるグループ

    お忙しい中、アンケートにお答え頂きまして、誠に有難う御座います。ご主人様との突然の別れという深い悲しみの中で、不安に感じられる事も多かったと存じます。弊社でのお葬儀を通じて、少しでも皆様の不安やお悲しみがやわらいだなら幸いでございます。ご家族様に連れられて、ひ孫様たちと果物狩りに出かける事が何よりの楽しみだった、お父さん。笑顔がとても素敵な方でした。この度の葬儀では、そんなひ孫様たちとの思い出を懐かしんでいただけるよう、お手伝いさせていただいたつもりです。皆様からの貴重なご意見を参考に、今後も工夫・改善していく所存でございますので、何か気になる事がございましたら、いつでもご相談ください。この度は、誠にありがとうございました。
  6. No.9

    平成26年7月

    斎場
    美原メモリアルホール 苫小牧市民斎場
    担当
    北村昌弘

    from めもりあるグループ

    葬儀を終えてお忙しい中、お声を寄せていただき誠にありがとうございました。葬儀に際しましては誰でも不安に駆り立てられるものです。私たちはそんなご家族様の不安を少しでも軽減できるようにお手伝いをさせていただいております。これからも、お悲しみの中にいらっしゃる方々の心を少しでも癒やせるように精進して参ります。