めもりあるグループでは、ご担当させていただきましたお客様からのアンケートにより、問題点や設備につきまして迅速にフィードバックすることで、サービスの向上に努めています。
お忙しい中、また、大切な方を亡くされたお悲しみの中、弊社のアンケートにお応えいただき、スタッフ一同、心より御礼を申し上げます。

「アンケート用紙を見る」ボタンをクリックすると、アンケート用紙が拡大表示されます。

  1. No.100

    令和元年9月

    斎場
    室蘭市民斎場 雲上閣メモリアルホール
    担当
    鈴木 駿

    from めもりあるグループ

    この度はお葬式を終え、大変なところ貴重なご意見、アンケートの記入をしていただき誠にありがとうございます。限りある時間の中で、ご家族と一緒になって写真を探しそのお写真をお預かりして映像やめもりあるボードを作らせていただきました。ご家族やご親戚、ご会葬の皆様にもありがたいご意見を下さり大変嬉しく思います。ご家族と一緒にご相談し、故人様との有意義な時間を過ごせるよう努めて参ります。

  2. No.99

    令和元年9月

    斎場
    美原メモリアルホール 苫小牧市民斎場
    担当
    鶴見 洋介

    from めもりあるグループ

    お悲しみ癒えぬ中、温かいお言葉を賜り誠にありがとうございます。この度のお葬儀でご満足頂き、冥利に尽きるところでございます。私共のサービスはどなたに対しても同じ質のものを提供しなくてはなりませんが、中身は亡くなった方それぞれです。そのためご遺族様にお話を伺い、故人様がどういう方であられたのかお聞きしております。そして、その過程でご遺族様の思いを汲み取ることも私共の大切な役目です。この度賜りましたお言葉を励みに、今後もご遺族の思いを少しでも多く汲み取れるよう精進して参ります。

  3. No.98

    令和元年8月

    斎場
    苫小牧市民斎場 明野ホール
    担当
    伊藤 敏宏

    from めもりあるグループ

    この度は、弊社アンケートにお答えいただき、誠にありがとうございます。供花の注文で、フルーツ缶の花輪が無く、申し訳ありません。そういった、お客様からの貴重なご意見を真摯に受け止め、今後の供物のラインナップの見直し、また、サービスの向上に役立ててまいります。この度は、貴重なご意見、誠にありがとうございました。
  4. No.97

    令和元年8月

    斎場
    苫小牧市民斎場 明野ホール
    担当
    松浦 秀一

    from めもりあるグループ

    この度はご葬儀後のお忙しい中、アンケートにご回答をくださりましたこと、誠にありがとうございます。約10名様のご家族が集う中、家族葬のお手伝いをさせていただきました。「葬儀後のサービスも行き届いており 大変ありがたく感じております。(簡易祭壇、香典返し余剰分の引取り等)」とのお言葉をありがとうございます。苫小牧から遠く離れた地よりお越しのご長男様、ご長女様のご不安なお気持ちを思い、つらいお悲しみの中にあって如何に滞りなく葬儀を執り行うかに心を砕いておられたお二人のお気持ちを思い、葬儀後こそご不安をしっかりと解消し安心してご供養が出来るようにさせていただきたいと考えておりました。思いが伝わったとすれば誠に光栄でございます。今後の励みになります。これからも、お客様のお気持ちに寄り添い、葬儀後も安心出来るご案内をいたすよう努めてまいります。
  5. No.96

    令和元年7月

    斎場
    美原メモリアルホール 苫小牧市民斎場
    担当
    鈴木 更

    from めもりあるグループ

    この度は納棺師や礼状作成スタッフへのお褒めの言葉を頂戴し、誠にありがとうございます。故人様の旅立ちの支度や、ご会葬の皆様へ差し上げる御礼状など、一つひとつにご家族の想いを反映できるようにと考えておりますので、ご満足いただけたことに心から安心いたしました。我々が提供する時間や空間、サービスのそれぞれにおいて今以上にご家族様に寄り添うことができるよう、これからも努めて参ります。

  6. No.95

    令和元年7月

    斎場
    美原メモリアルホール 苫小牧市民斎場
    担当
    鶴見 洋介

    from めもりあるグループ

    このたびは弊社に対しお褒めの言葉を賜り、誠に有難うございました。私共では少しでも皆様の良い思い出となるようにと、様々なメモリアルサービスを行っております。このたびのお葬儀では、ご家族をはじめご参列の皆様の心に残るものとなったのであれば幸いでございます。皆様の故人を思うお心と私共のサービスの両方が揃って初めて良いお葬儀となる。そう信じてこれからも精進してまいります。